NewsRoom ニュースルーム

Pick up

Press Release

メタモのCTOに技能五輪国際⼤会出場の⼤畑僚樹が就任

⼈間を⾃由にするデータテクノロジー・カンパニーのメタモ株式会社(本社:東京都千代⽥区、代表取締役:佐藤由太、以下メタモ)は、2020年7⽉9⽇(⽇本時間)、当社の最⾼技術責任者(CTO)に、技能五輪国際⼤会に出場した経験のある⼤畑僚樹(おおはた りょうじゅ)が就任しましたのでお知らせいたします。メタモの事業は、自身の職業に関するあらゆる履歴を、見せたい相⼿に、見せたい内容だけを提⽰できる「持ち運び型・キャリアの棚卸ツール」を世界3ヶ国で提供しております。現在では、インド、マレーシア、ベトナムの3ヶ国に留まらず、⾃然発達的な広がりによって世界12の国々で利⽤されています。今回、⽇本国内の開発体制を強化することを⽬的として、さらに、当社の基本理念である「リベラルアーツとテクノロジーの交差点に立つ」ということを体現するために、最⾼技術責任者に⼤畑僚樹が就任しました。なお、⼤畑は執⾏役員となります。大畑僚樹の紹介⼤畑僚樹(おおはた りょうじゅ)は、様々な分野の技術⼒を競い合う世界的な祭典の『技能五輪』において、ウェブ・アプリケーション等の制作を行う『ウェブデザイン部⾨』に出場し、2014年に開催された第52回技能五輪全国⼤会において⾦賞を受賞。翌2015年にブラジル・サンパウロで開催された、第43回技能五輪国際⼤会では敢闘賞を受賞しました。過去には、1,000店舗を超える、⼤⼿⾃動⾞メーカーの系列販売店が利⽤する⼤規模CMSの新規制作プロジェクトに携わり、管理画⾯の制作を行うチームを率いるリーダーとして活躍。開発時間の短縮を実現することで、わずか1年未満で開発が完了し、プロジェクトの成功に寄与しました。なお、この取り組みはソフトウェア開発の専⾨誌などにも取り上げられています。また、後世の人材育成にも精⼒的に取り組んでおり、沖縄県の情報科学を学ぶ⾼校⽣を対象にソフトウェア開発の指導を行い、さらには、『技能五輪全国⼤会』および『若年者ものづくり競技⼤会』の審査を務めるなど、高い技術⼒と向上⼼を持ったソフトウェア開発技術者を⽇本から輩出すべく、指導に従事しています。最高技術責任者に就任した大畑僚樹のコメントメタモのビジョンに初めて触れたとき、メタモが描く未来では「技術を正しい方向に扱う未来を創ることができる」と感じました。そして、メタモの「人々の生活、社会や価値観を変えてしまうような強力なビジョン」をソフトウェア開発の側面から具現化する必要性を感じ、最高技術責任者として取り組んでまいります。また、メタモは日本発のスタートアップ企業であるにも関わらず、はじめから国外に目を向けて事業に取り組んでおり、グローバル市場をターゲットにしたプロダクト開発に取り組むことが出来ることは、私自身がソフトウェア開発に情熱を注ぐ原動力にもなっています。まだまだ未熟ではありますが、より多くの技術者に影響を与えられるような、世の中において意義のある開発者を目指しながら、メタモのCTOとして技術的側面を支えていきたいと考えています。

カテゴリ別に読む
All

Press Release

News

Media